読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

敵意

あなたは他の誰かに敵意を向けた事があるだろうか。そして、敵意を向けられた事があっただろうか。恐らく、敵意を向けたその相手の中に、自分の弱い部分を見ているのだろう。経験上、敵意と自信は密接に関わっているように思われる。敵意はどこから来るのだろうか。

あなたが今誰かに敵意を向けているのであれば、もう諦めたほうがいい。敵意を向けたその相手は、あなたよりも遥かに有利な所にいる。あなたは、相手の得意なフィールドに入ってしまった。もうあなたに、勝ち目はない。だから無駄な時間を過ごすことをやめ、相手を認め、負けを認めなさい。

弱いと認めるのは怖いことだ。変なプライドが邪魔する。そして、そのプライドが無駄である事を知っているのかもしれない。弱さを認めて、誰とも比べない状態になった時、はじめて、余裕ができる。弱いことを認めることができないあなたには、余裕、そして、自信がない。

敵意を向けるタイミングは、分野により変わるようだ。やはり自信のない分野では、敵意を抱いてしまいがちだ。ある友達が、こういった。「たとえばジャンケンをした時、負けたことをくよくよと考えるよりも、勝った回数を増やし、経験を増やしたほうがいい」意外と、負けたことは、あとになるとどうということはない。チャンスというものは、必ずまたやってくる。それを待つ忍耐があるか、それだけが今試されている。